どんな方でも相互リンク・RSS大募集!
    詳しくはこちらをご確認ください。
    http://parusoku.com/archives/20118951.html

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:cafe au lait ★:2016/01/04(月) 20:50:33.22 ID:CAP_USER*.net
    4日召集された国会に、金銭トラブル報道などで
    長期間欠席していたあの議員が、久しぶりに姿を見せました。

    「大腸炎だったので、仕事を休ませていただいてました。
    体調も回復したので、頑張っていきたいなと思っています」
    (無所属 武藤貴也衆院議員)

    久しぶりに国会に姿を見せたのは、自民党を離党して
    無所属になった武藤貴也衆議院議員です。その頭髪には、
    かなりの白髪が目立つようになっていました。

    武藤議員は未公開株をめぐる金銭トラブルが報道されたことなどを受けて、
    去年の夏以降、国会を欠席していましたが、
    体調の悪化が欠席の理由だったと説明。
    地元の支援団体から議員辞職を求める声が
    上がっていることについては、

    「報道が一方的すぎて事実じゃないと言っている。
    それに対して私の意見を聞くことがなかった」と反論しています。(04日18:26)



    色々元気だった頃の顔


    http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2672309.html
    【国会】武藤貴也議員、久しぶりに国会に姿 白髪目立つ
    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1451908233
    【【悲報】議員宿舎に男連れ込んで買春してた武藤貴也議員、ある病気にかかっていたwwwwwwwww変態すぎるだろ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/01/04(月) 20:06:39.33 ID:Z250F6il0.net
    変態じゃん
    女の腋に興奮する奴wwwwwwwwwwww
    引用元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1451905599
    【女の腋に興奮する奴wwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:いちごパンツちゃん ★:2016/01/04(月) 18:55:49.78 ID:CAP_USER*.net
    井の頭自然文化園(東京都武蔵野市)の象
    「はな子」の飼育環境をめぐり、
    ネット上で「コンクリートに囲まれ劣悪」
    「一頭だけでかわいそう」と話題になっている。

    この騒動に、飼育担当者は
    「飼育には細心の配慮をしている」と話し、
    来園者からは「はな子は地元の人々に愛されている」と
    困惑の声が上がる。
    はな子は2歳のとき、戦後初めてタイから贈られた。
    69歳で、国内の象では最高齢だ。

    騒動の発端は昨年10月に書かれた英文ブログ。
    寂しげな写真とともに「木も生えていない狭いコンクリートの
    囲いの中にたった1頭で生気なく立ち尽くしている」と記載され、
    フェイスブックなどで一気に拡散した。

    ネット上では、はな子を別施設へ移すよう求める約30万の
    署名が集まり、外国メディアでも取り上げられた。
    タイの英字紙バンコク・ポストは「タイの多くのネットユーザーも、
    はな子をタイに戻すべきだと訴えている」と報じた。

    これに対し、同園の飼育展示係長堀秀正さん(50)は
    飼育員の努力を理解してほしいと話す。
    園では、歯が1本しかないはな子が消化しやすいよう、皮をむいたバナナと麦、
    米を合わせたおにぎりを毎日用意するなどしている。

    一方で、土の飼育場の方が好ましいことも認める。
    しかし、維持には多額の費用が掛かり、財源の大部分を
    税金で賄う小規模の公立動物園には実現困難だ。

    象は本来群れで暮らすため、1頭だけではかわいそうだとの主張にも
    理解を示すが、移動には否定的だ。
    高齢のはな子にとって、輸送は大きな負担になる。
    枝が折れるささいな音でも警戒して動かなくなるほど神経質だといい、
    環境の変化が与えるストレスは計り知れない。

    天候に恵まれた日曜日、はな子が器用に鼻を使い水を飲むと、
    来場者から歓声が上がった。
    5歳の孫を連れた三鷹市の主婦山田恵子さん(67)は
    「この子の父親が小さいときもはな子を見に来た」と懐かしそうに話した。
    杉並区の会社員泉谷江美さん(63)は「はな子は
    動物園のシンボル。いなくなったら悲しむ人はたくさんいる」と語った。 

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160104-00000060-jij-soci
    【動物】井の頭公園の象『はな子』に外国などから非難の声「コンクリートに囲まれ劣悪」「捕らわれの象かわいそう」…飼育員ら困惑
    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1451901349
    【井の頭公園の象『はな子』にマジキチ外人達が非難の声・・・飼育員も困惑】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:あずささん ★:2016/01/04(月) 17:09:59.87 ID:CAP_USER*.net
    共産党として約69年ぶりに国会の開会式に出席した志位和夫委員長は4日、
    開会式後の記者会見で
    「よかった」と振り返った。同時に「高い玉座(ぎょくざ)が設けられ、
    そこで(天皇陛下から)言葉を賜る
    形式は憲法の主権在民の原則に反する」と強調し、
    今後も開会式に出席した上で「憲法にふさわしい形」
    への改革を訴える考えを示した。

    開会式には同党の衆参両院の計32議員のうち、
    志位氏と山下芳生書記局長、衆参国対委員長と
    議院運営委員会の委員の6人が出席した。志位氏らは
    起立して天皇陛下を迎え、お言葉を述べられる
    最中に頭を垂れるなど、他党の議員とほぼ同様の対応をした。

    志位氏は記者会見で「(大島理森)衆院議長にしろ、
    天皇にしろ、礼をしたときに私たちも礼をした。
    人間として当たり前だ。自然な形の対応をした」と説明した。

    これまで拒否してきた開会式への出席は、夏の参院選に向けた
    民主党などとの野党共闘を進めるためのアピールとの見方がある。
    だが、志位氏は「プラス、マイナスを考えていない」と述べ、こうした
    見方を否定。その上で「現行の憲法の主権在民、
    そして天皇制は国政に関する権能を有しないという
    制限条項を厳格に守ろうとの1点でこれまでも対応してきたし、
    これからも対応する」と語った。
    ref_l


    ソース/産経新聞社
    http://www.sankei.com/politics/news/160104/plt1601040023-n1.html
    【政治】69年ぶり開会式出席の共産・志位委員長 天皇陛下に礼は「人間として当たり前」
    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1451894999
    【【悲報】共産党、今までは人間じゃなかったwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:シャチ ★@\(^o^)/:2016/01/04(月) 15:17:34.22 ID:CAP_USER*.net
    日刊スポーツ
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160104-00000082-nksports-ent
    お笑いタレントのキンタロー。(34)が4日、所属の松竹芸能を通じ、
    昨年12月14日に一般男性と結婚したと発表した。
    明日5日に、都内の松竹芸能新宿角座で会見を開く。

    キンタロー。は、お笑いタレントの河口こうへい(35)と13年3月から交際し、
    1年後の14年3月に破局していた。
    【お笑い】キンタロー。が結婚 一般男性と昨年12月に
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1451888254
    【【祝!】キンタロー。が結婚wwwwwwwwwwwwキンタロー。でさえ結婚できたのに・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ