どんな方でも相互リンク・RSS大募集!
    詳しくはこちらをご確認ください。
    http://parusoku.com/archives/20118951.html

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:シャチ ★:2015/11/04(水) 16:32:36.24 ID:???*.net
    <週刊文春2015年11月12日号『スクープ速報』より>
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151104-00005582-sbunshun-soci
    「家庭教師のトライ」の家庭教師が、今年1月、
    生徒への強制わいせつ容疑で逮捕されていたことが、
    週刊文春の取材でわかった。家庭教師は小島信輔(仮名・当時23)。
    被害者は母親の山崎幹子さん(仮名)の息子(当時、小学校4年生)だ。

    山崎さんが家庭教師の派遣を頼んだのは昨年夏。
    事件発覚は、その年末だった。息子が怯えた様子で、
    「あの先生、(股間を指差して)ここを出した」と告白したという。
    小島は息子の前で自慰行為をするなど、
    わいせつ行為を繰り返していたことが判明した。

    事態を知った山崎さんはトライに連絡したが、
    トライの担当者は「小島はショタコン(少年愛好家)でした。
    やったことを認めました。申し訳ないです」、
    「今回のことは返金で許してもらえませんか」と言ってきたという。

    小島は2月に起訴され、5月には刑事裁判で懲役1年・保護観察付き
    執行猶予3年の有罪判決が下っている

    判決後、山崎さんは、トライと小島を相手取り、
    連帯で330万円の支払いを求める
    損害賠償請求の訴えを起こしたが、トライは小島とは
    委託契約であることを理由に「使用者責任」を否定し、
    「損害賠償の責任を負わない」と主張。現在も裁判は続いている。

    トライは週刊文春の取材に対し、この事件について、
    「概ね質問記載の事実関係があった旨承知しています」と回答。
    民事訴訟ではトライに責任がないという考えか、という質問には、
    「当社としては、訴訟手続上、何ら矛盾する主張はしておりません」と答えた。

    (※被害者の特定を避けるため、加害者などもすべて仮名にしました)
    index
    【社会】トライの家庭教師が生徒の前で下半身露出などのわいせつ行為で逮捕されたが、訴訟で会社は「使用者責任なし」を主張
    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1446622356
    【【これは酷い】家庭教師のトライ 変態ホモ教師を派遣しても使用者責任を取らない会社だった・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:風吹けば名無し@\(^o^)/:2015/11/03(火) 11:22:42.10 ID:OlpfN641D.net
    邪道極まりないんだよなぁ
    J「チャーハンは飯と卵混ぜてから炒めろ」
    引用元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1446517362
    【J「チャーハンは飯と卵混ぜてから炒めろ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:風吹けば名無し@\(^o^)/:2015/11/03(火) 14:12:55.22 ID:TyPThKEr0.net


    絶対に許すな
    【悲報】NHK女性アナ、松来未祐の訃報を笑う
    引用元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1446527575
    【【悲報】NHK女性アナ、松来未祐の訃報を笑う・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: エクスプロイダー(北海道)@\(^o^)/:2015/11/04(水) 07:08:08.53 ID:abGNFqqq0 BE:488538759-PLT(13500)
    世間の耳目を集めたSTAP細胞問題の中心人物、
    小保方晴子氏の博士号が取り消しとなった。2014年10月に早稲田大学は、
    小保方氏の博士論文に剽窃(ひょうせつ)など
    複数の不正があるとして博士号の取り消しを決めたが、
    大学側の教育指導責任をも認め、
    1年程度のうちに研究倫理教育を受けたうえで論文を訂正、
    再提出して審査に通れば、博士号の維持を認める、としていた。
    いわば執行猶予のついた博士号取り消し決定で、
    2015年10月30日に猶予期間が切れたため、取り消しが執行された。
    ■ 大学側のさまざまな特例措置

    この間、大学側は、2014年11月には指導教員を選出し、
    論文提出、審査のスケジュールなども小保方氏に伝えたという。
    大学に通学ができない小保方氏の状況を勘案し、
    研究倫理教育のためのe-ラーニングの受講環境を整えた。
    また、指導教員2名は5月以降、3度小保方氏を訪れたほか、
    メールや電話などで内容の確認や指導を行ったという。

    だが、小保方氏から最初の訂正論文が送られてきたのが
    今年6月。訂正作業が不足している部分などを指摘する
    コメントをつけて差し戻し、8月に4度目の訂正稿を小保方氏に戻したあと、
    小保方氏側からは送られてこなかった。

    そのため、10月29日に先進理工学研究科の運営委員会で、
    論文審査ができないことを確認し、
    翌30日には大学の研究科長会での議論を経て
    大学執行部によって取り消しが確定した。
    小保方氏からは期限の延長希望が出ていたとのことだが、
    「これ以上学位論文のないまま学位を維持することはできない」
    (鎌田薫・早稲田大学総長)との判断で、延長は受け入れられなかった。
    この件を報告する早稲田大学の会見は3時間に及んだ。
    会見の中で大学側がたびたび言及したのは、
    この問題での大学側の小保方氏への対応は「きわめて特例」であることだ。
    博士論文の不正自体は本人の責任であるとしながらも、
    大学側の教育指導体制の不備を認め、通常であれば
    「即時取り消し」もありうる状況にもかかわらず、
    1年間の執行猶予をつけた。
    また、今回の「論文再提出・再審査に関わる費用は
    一切大学側が負担し、今後も小保方氏に対する請求は
    行うつもりはない」(恩藏直人教授、早稲田大学理事/広報担当)という。
    5f73488a90718d7251be643ab3832656_5018

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151104-00091024-toyo-bus_all&p=1
    【私にもっと優しくしろ】博士号取り消しの小保方、最後まで早大に特別扱い要求していた事が判明へwへ
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1446588488
    【【マジキチ】人を自殺へ追い込み、博士号取り消しの小保方晴子、最後まで早稲田へとんでもない事を要求していた・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:風吹けば名無し@\(^o^)/:2015/11/04(水) 01:46:53.27 ID:rxXVMT830.net




    キャッチコピーのセンス無さすぎるだろ
    【悲報】博報堂のプレミア12の広告看板が酷すぎるww
    引用元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1446569213
    【【悲報】佐野研二郎を生み出した博報堂のプレミア12の広告看板が酷すぎるww】の続きを読む

    このページのトップヘ