どんな方でも相互リンク・RSS大募集!
    詳しくはこちらをご確認ください。
    http://parusoku.com/archives/20118951.html

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 影のたけし軍団ρ ★@\(^o^)/ 2014/05/07(水) 21:40:27.47 ID:???0.net
    2014年5月7日、新華網によると、韓国メディアが、
    セウォル号沈没事故の犠牲者への追悼の言葉に国民の
    心理が体現されていると伝えている。
    ソウル市庁前に設置された犠牲者の弔問を受け付ける
    広間の壁には、追悼の言葉が記された紙が多数張られている。

    韓国・中央日報によると、犠牲者の追悼に訪れる人の7割が
    紙に「ごめんなさい」という文字を書くのだという。
    今回の事故では韓国の社会システムの欠陥を指摘する声が多く、
    大人たちはその罪の意識と無力感から謝罪の言葉を書いていると見られる。

    中央SUNDAYの記者がソウル市庁前、安山中央駅広場、
    檀園高校前などに張られた紙から無作為に200の追悼の
    言葉を抽出して分析した結果、
    最も多く出現した単語は「ごめんなさい」(91回)で、
    類似した「申し訳ない」(6回)、「間違いだった」(5回)も
    含めると半分以上を占めた。

    また、2番目に多かったのは「愛」で41回。そのほか、
    「幸福」が30回、「天」が27回、「安らかに」が7回などとなった。
    これらの言葉とともに記されていた単語では「大人」が35回、
    「守れなかった」が27回、「何もできない」が4回だったという。

    檀園高校前に張られた紙には、保護者世代による「反省」を
    示す言葉が特に多く書かれている。
    「ごめんなさい。こんな無責任な国で生活させてしまって」
    「大邱の地下鉄放火事件に続いて、またあなたたちを守れなかった。
    ごめんなさい」「おじさんは何もできない。ごめんよ」
    「大人たちに良心がないために、君たちが犠牲になった。
    意気地のない大人たちを許してください」などだ。

    全南大学の鄭教授は、「韓国社会では、学生たちは
    朝から晩までさまざまな競争にさらされ、自由な時間がない。
    このような韓国の特殊な状況が、国民たちの悲痛と罪悪感を
    増大させている」と指摘する。

    一方、慶南大学の高教授はこれらを一種の「決心」の表れだと指摘する。
    「罪の意識を感じる人は罪を償い、
    許しを得ようと他人を助ける傾向にある」。つまり、これらの
    内容を記すことによって、人びとは犠牲者を直接助けることは
    できなかったが、生存者の心を救いたいと表明しているのだという。
    http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=87721

    引用元: 【韓国旅客船沈没】 「こんな無責任な国でごめんなさい」

    【【韓国旅客船沈没】 「こんな無責任な国でごめんなさい」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ドラゴンクエスト ソフビモンスター (15) メタルスライム
    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2014/05/07(水) 12:13:18.79 ID:YGUk49kc.net
    誰とは言わんが

    2: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2014/05/07(水) 12:13:47.00 ID:4tFwV65l.net
    ドランね

    引用元: ドラクエ4の導かれし者たちに1人無能がいるよな

    【ドラクエ4の導かれし者たちに1人無能がいるよなwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 幽斎 ★@\(^o^)/ 2014/05/07(水) 21:55:49.27 ID:???0.net
    NHK中継で「地震なんかないよ!」と叫んだ女性、ネットで名乗り出る 
    「きちんと説明したい」と質問受け付け
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140507-00000069-zdn_n-sci

    5月5日早朝に関東地方で起きた地震の影響を伝える
    NHKニュースの中継に写り込み、カメラに向かって
    「地震なんてないよ!」と叫ぶなどした女性がネットで話題になったが、
    タレントの東森美和さん(22)が「大変お騒がせ致しまして
    申し訳ございません」と名乗り出た。
    東森さんは7日、自身のブログに「5月5日早朝に起こった地震
    のNHK地震速報の件について」という記事を更新
    「きちんと皆様にご説明したい」と質問を受け付けている。
     5日早朝、地震の影響を伝えるNHKニュースで、
    リポーターが表参道の交差点から中継していたところ、
    酔っ払った様子の若い女性が写り込み、
    カメラに向かって「地震なんてないよ!」などと叫んだ。
    そのかわいらしい姿はネットで話題になり、
    「この女性は東森さんでは」という推測も流れた。
    東森さんはブログで、「大変お騒がせ致しまして
    申し訳ございません」と謝罪し、
    ネットで流れているプロフィールに一部、
    間違いがあることを指摘した上で、
    「きちんと皆様にご説明したい」と、ブログのコメント欄と
    メッセージ機能、Twitterのメッセージで質問を受け付けている。

    「嘘偽りなく回答させて頂きたいと思っておりますので
    私のプロフィール、経歴、そして今回の一件に関する
    質問がある方は是非、お待ちしております」としている。

    引用元: 【話題】NHK中継で「地震なんかないよ!」と叫んだ女性ネットで名乗り出る 「きちんと説明したい」

    【【売名乙】NHK中継で「地震なんかないよ!」と叫んだ怪しい女性がネットで名乗り出るwww 「きちんと説明したい」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2014/05/07(水) 11:04:23.32 ID:+fxysHKG.net

    2: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2014/05/07(水) 11:05:16.32 ID:NKo5rArX.net
    ゴールデンで6%ってもう終わりやろ

    引用元: めちゃイケ6.4%wwwwwwwww

    【【悲報】めちゃイケ6.4%wwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: プーライ ★@\(^o^)/ 2014/05/07(水) 15:12:30.85 ID:???0.net
    “小保方モノマネ”放送を賞賛したロンブー淳に批判集中
    「マジ死ねってクズが」

    6日に放送されたテレビ朝日の「ロンドンハーツ」で
    女芸人の大久保佳世子が、STAP細胞論文で“捏造疑惑”が
    浮上している小久保方晴子氏のものまねを披露し、話題となっている。
    同日に同番組で司会を務めるロンドンブーツ1号2号の
    田村淳は自身のツイッターで
    「ロンハー視聴収録は結構前だったから、久保方さんの所が
    放送されるかなぁと心配してたら、普通に放送に♪ 流石ロンハースタッフ!」
    とロンハースタッフを誉め称えた。
    しかし、淳のツイートに匿名の一般ユーザーから
    「非常識な放送をしておいてそれを称えるようなツイートを
    平然とするなんて流石の図太い神経ですね」と
    批判されたが、淳は「ありがとうございます」とツイート。
    また、違う一般のユーザーからも批判は止まらず
    「おまえの嫁が人より何倍も努力しててちょっとしたミスで
    世間から人権侵害するような笑いのネタにされたらどうなんだ?
    マジ死ねってクズが」
    とかなり厳しい意見をコメントされると、さすがに淳も
    「匿名で死ねって言う方がカスだろ?♪ そもそも理研否定派だし…
    週刊リテラシー見ろ!」と反論。
    さらに、他のユーザーからも「小保方さんは 弱者、一般人を
    笑いにするなんて酷い。よく考えて下さい。
    科学者は弱者でも一般人でもありません。世の為人の為の
    研究者です」との意見を受けると、淳は「ひとつの意見として
    頂戴しますね」とコメントしている。

    http://npn.co.jp/article/detail/42199302/

    引用元: 【社会】テレビ番組で小保方氏のモノマネを放送し炎上

    【ロンハーで小保方氏のモノマネを放送し炎上wwww】の続きを読む

    このページのトップヘ