どんな方でも相互リンク・RSS大募集!
    詳しくはこちらをご確認ください。
    http://parusoku.com/archives/20118951.html

    痛いニュース

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:名無しさん@涙目です。:2018/08/11(土) 13:17:08.41 ID:hAs/q/Y70.net BE:123322212-PLT(13121)
    【ジュネーブ=杉野謙太郎】国際赤十字・赤新月社連盟は10日、
    北朝鮮の赤十字に人道支援として
    約21万ドル(約2300万円)を送ったと発表した。 
    北朝鮮で7月上旬から降雨がなく、気温39度を上回る
    猛暑が続いているため、食糧危機の懸念があるとしている。 

    同連盟は声明で「既にコメ、トウモロコシなどの穀物が
    影響を受けている。食糧危機になれば、特に子どもや
    高齢者が深刻な栄養不足に陥る可能性がある」との認識を示した。



    https://www.yomiuri.co.jp/world/20180811-OYT1T50022.html

    赤十字「今、北朝鮮は猛暑のせいで食糧危機に陥りかけています」
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1533961028
    【赤十字「今、北朝鮮は猛暑のせいで食糧危機に陥りかけています」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:ばーど ★:2018/06/26(火) 07:40:01.60 ID:CAP_USER9.net
     

    ワンセグ機能付き携帯電話でも「受信料支払いの義務がある」と
    判断されるなど、高裁で無敵の4連勝を記録したNHK。
    確かに納得できないこともあるにはあるが、
    それでもテレビを設置しNHKを視聴している以上、
    受信料の支払いはやむを得ないのだろう。 

    だがしかし、例えば「契約者が亡くなり、
    テレビ自体を視聴していなかった場合」はどうなるのだろうか? 
    いまTwitterで「亡くなった母宛てにNHKから督促状が止まらない」と
    話題になっているのでご紹介したい。 

    ・死後も請求される? 

    話題になっているTwitterをざっくり説明するといくつかのポイントがある。
    整理してみたので以下で確認して欲しい。 

    ・亡くなってから何年も経つ母宛てにNHKから督促状が届く 
    ・家には誰も住んでいない 
    ・NHKは「死後から今までの分を全て払え」の一点張り 


    いくら評判の良くないNHKとはいえ、さすがに
    亡くなった人の分まで受信料を払えと言うだろうか? 
    仮に手続きしていなくても、例えば「死亡証明」を
    提出すればチャラになるのでは……? というわけで、
    同じシチュエーションでNHKに問い合わせてみることにした。 


    ──もしもし。母が亡くなったので解約手続きをしたいのですが。 

    「はい、お母様はお1人暮らしということでよろしかったでしょうか? 
    もしそうではない場合、解約手続きは致しかねます」 

    ──はい、1人暮らしです。解約手続きには
    どういった情報が必要なのでしょうか? 

    「1人暮らしであれば、契約者様のお名前、電話番号、
    住所をお伝えいただければ、電話で解約手続きが可能となっております」 

    ──なるほど。例えば、母が亡くなったのが2年前だったらどうでしょう? 

    「その場合は亡くなった日から先月までの受信料が発生します」 

    ──でも、亡くなっているので見ていないんですよ? 

    「申し訳ございません。こちらではいつお母様が
    お亡くなりになったのか調べる手段がないため、
    先月分までの受信料が発生してしまいます」 

    ──うーん、なるほど。では死亡証明書を
    提出した場合はいかがでしょうか? 
    それなら亡くなった時期が判明すると思いますが? 

    「申し訳ありません。先月分までの受信料が発生します。
    規定でご連絡いただくまでは受信料が発生することになっております」 

    6月25日 
    ロケットニュース 
    https://rocketnews24.com/2018/06/25/1082244/ 
    ・マジで請求されると判明 

    結果から言うと、話題になっていることは全て事実であった。
    解約しない限り、契約者が死亡していても
    受信料は永続的に発生するようだ。また
    「死亡証明書」を提出したとしてもNHKの規定で
    「死亡してから連絡するまでの受信料はチャラにはならない」とのことであった。 


    正直、アコギな雰囲気も否めない規定ではあるが
    「1人暮らしの身内がなくなったらすぐにNHKを解約する」と
    覚えておいて損は無いハズだ。ただ、
    そういったシチュエーションでそこまで頭が回る人は
    少ないハズだから、NHK側にも何らかの猶予や特例措置が必要ではなかろうか。

    【みなさまのNHK】Twitterで「母が亡くなって何年も経つのにNHKから督促状が止まらない」と話題 → NHKに問い合わせてみた結果
    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1529966401
    【【みなさまのNHK】Twitterで「母が亡くなって何年も経つのにNHKから督促状が止まらない」と話題 → NHKに問い合わせてみた結果】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:みつを ★:2018/06/25(月) 19:24:45.82 ID:CAP_USER9.net
    http://www.afpbb.com/articles/-/3179726?act=all 

    仏89歳司祭、洗礼式で泣き叫ぶ幼児を平手打ち 動画が拡散 
    2018年6月23日 20:29  
    発信地:パリ/フランス [ フランス ヨーロッパ ] 

    【6月23日 AFP】フランスのカトリック司祭(89)が
    洗礼式の最中に泣き叫ぶ幼児を平手打ちする動画が拡散し、
    ソーシャルメディアなどで批判が集まり、
    この司祭が洗礼式などを執り行う任務から外されたことが分かった。 

    洗礼式が行われたのは、首都パリの南東約50キロの
    シャンポー(Champeaux)。
    21日にツイッター(Twitter)に投稿された動画には、
    司祭が泣き叫ぶ男児に「静かに」と命じた後、
    ほおをぴしゃりとたたく様子と、周囲の人々の息をのむ声、
    ショックを受けた両親が司祭の手から子どもを
    守ろうとする様子が捉えられている。 

    司祭がいる街があるモー(Meaux)教区は、
    「高齢の司祭が疲労のせいで自制心を失った可能性はあるが、
    許されることではない」と述べ、通達があるまでは
    この司祭を洗礼式や結婚式、ミサを執り行う任務から外すことを明らかにした。 

    司祭は22日、ラジオ局フランス・アンフォ(France Info)に対し、
    「あの子は泣き叫んでいて、聖水をかけられるように
    頭の向きを変える必要があった。
    『静かに』と言ったがおとなしくならなかった」と話した。
    さらに、「あれは、なでたのと軽くたたく行為の中間くらい」として、
    「おとなしくさせようとしたが、
    どうすればいいか分からなかった」と語った。(c)AFP




    【フランス】仏89歳司祭、洗礼式で泣き叫ぶ幼児を平手打ち 動画が拡散 「どうすればいいか分からなかった」
    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1529922285
    【【フランス】89歳司祭、洗礼式で泣き叫ぶ幼児を平手打ち 動画が拡散 「どうすればいいか分からなかった」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:江戸領内小仏蘭西藩 ★:2018/06/24(日) 21:04:53.56 ID:CAP_USER9.net
    2018.6.24(Sun) 
    https://www.daily.co.jp/gossip/2018/06/24/0011384325.shtml 

     

     長嶋一茂 

    元野球選手でタレントの長嶋一茂(52)が24日、
    読売テレビで放送された「八方・陣内・方正の黄金列伝!」に出演。
    10年前に重度のうつで自殺を考えていたことなどが明かされた。 

    「健康には自信があった」という一茂に異変が起きたのは
    1996年夏。現在の妻とレストランで食事中、
    過呼吸の症状である過換気症候群で呼吸が困難に。
    以降、「家の中にいても天井がぐるぐる回る」など、
    症状は悪化。「ノイローゼ状態になっちゃった」と明かした。 
    当時は父・長嶋茂雄氏が監督を務めていた巨人で2軍生活。
    父親には病気について打ち明けられず、
    「外に出るのが怖くて」一度も練習に行けなくなり、
    その年の冬、戦力外通告を受け、引退した。 

    激しいめまい、過呼吸、外出や乗り物に乗るのが怖い…など、
    パニック障害の症状はその後、10年以上続き、
    42歳だった2008年にピークに。同年3月、
    ずっと世話になっていたお手伝いさんをがんで失い、
    7月には大好きだった祖母が、9月には母親が他界した。 
    「愛してる女性が3人天国に逝った。ここで完璧に重度のうつです」。 
    毎日、夜中の3時に発熱し、汗だくで飛び起きる日が続いた。
    「自殺衝動がすごい。『お前が死ね、お前が死ね』って幻聴が聞こえる。
    3時ぐらいに『自殺したい』って自殺衝動がすごくて、
    常に包丁持ってました…、毎朝」と衝撃の告白をした。 
    自殺衝動と闘う日々。症状が回復し始めたのは47歳のころ。
    きっかけは「いつ死んでもいい」と諦めたことだったという。
    「毎朝、神様にお願いしてた。
    『殺してくれ。とにかく殺してくれ』って。
    それから良くなっていった。薬もやめた。もう死ぬから。
    そっから良くなっていったの」と明かしていた。

    【芸能】長嶋一茂 重度のうつで自殺考えた過去を明かす「毎朝包丁持ってた」「『お前が死ね、お前が死ね』って幻聴が」
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1529841893
    【長嶋一茂 重度のうつで自殺考えた過去を明かす「毎朝包丁持ってた」「『お前が死ね、お前が死ね』って幻聴が」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:ガーディス ★:2018/06/23(土) 16:40:29.93 ID:CAP_USER9.net
    2018年6月23日9時18分 

    全国の弁護士会に約13万件の懲戒請求が寄せられていた
    問題の背景には、朝鮮学校への補助金支出などを批判する
    ブログの存在が指摘されている。
    記述に「あおられた」という当事者たちは取材に、
    「懲戒請求することが日本のためになると思い込んでいた」
    「洗脳されていた」と話す。 

    首都圏に住む50代の無職女性は、懲戒請求を繰り返していた一人。
    元々、政治や歴史について明確な考えはなかったが、
    2015年ごろに「ネットサーフィンで偶然、見つけた」あるブログで、
    日本に住むアジア出身の外国人を非難する記述を読んで変わった。
    「日本人がすぐれていると強調する内容。今思えば、
    どう読んでも差別をあおっていたが、私は歴史について無知で、
    『こんな考え方もあるのか』と信じてしまった」と語る。 

    このブログが取り上げるテーマの一つは、
    朝鮮学校への補助金支出だった。自治体が補助金を
    出すことの再考を促した国に対し、全国21の弁護士会が
    批判の声明などを出したところ、弁護士会の幹部らを
    外患誘致罪や内乱罪で告発するよう、呼びかけ始めた。
    だが受理されなかったとみられ、17年4月には
    「この件は懲戒請求をもって対応する」と書かれていた。 

    「ブログの言うとおりに懲戒請求をすることが、
    日本のためになると思い込んでしまった」という女性が、
    コメントで参加を表明すると、告発状や懲戒請求のひな型が届いた。
    書類には請求対象の弁護士名が記されており、
    女性は名前と住所を書き込んで、約200枚を郵送した。 

    だが、今年に入り、ブログ上で運営者側と
    読者の間でいざこざが起きたことをきっかけに、
    内容にも違和感を抱くようになった。 

    「のせられてしまったのではないか」と感じ始めていたのと同じころ、
    懲戒請求を受けた弁護士のうち少なくとも7人が、
    訴訟を準備していると知った。弁護士側は和解も呼びかけるが、
    女性の場合は計40万円の和解金が必要になる。
    「痛い思いを繰り返さぬよう、反省したい」と話す。 

    以下ソース


    http://www.asahi.com/articles/ASL5X6609L5XUTIL04P.html
    【社会】50代無職、ブログ信じ大量懲戒請求「日本のためと思い込んでいた」「洗脳されていた」和解金はたった40万円
    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1529739629
    【50代無職、ブログ信じ大量懲戒請求「日本のためと思い込んでいた」「洗脳されていた」】の続きを読む

    このページのトップヘ