どんな方でも相互リンク・RSS大募集!
    詳しくはこちらをご確認ください。
    http://parusoku.com/archives/20118951.html

    痛いニュース

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:(^ェ^) ★:2017/07/15(土) 07:59:29.70 ID:CAP_USER9.net
    http://www.buzznews.jp/?p=2109660 

    o0426027213736495731


    民進党の蓮舫代表が7月13日に行なった会見で記者から
    出た質問についてFacebookで嫌悪感を露わにしています
    (画像は民進党動画より)。 

    蓮舫代表は会見が行なわれた当日13日の夜、
    Facebookでこのように発言、「何を聞いてるのか」と
    不快感を示すとともに
    「書きたいことの確認質問しかできない記者なのか」と
    記者の質問に苦言を呈しています。 

    蓮舫「今日の記者会見。排外主義や差別主義に屈して
    プライバシーを公開することはあってはならない、
    とした上で、私の話をしたところ。
    「党からそうした声をあげる人は排外主義なのか?」と某新聞社記者。
    何を聞いてるのか。書きたいことの確認質問しか
    できない記者なのか、と驚いた瞬間。」 

    問題の場面で記者と蓮舫代表はこのようなやり取りを交わしていました。 

    記者「二重国籍の問題で誠に恐縮なんですけど、
    蓮舫代表が先程言われた排外主義・差別主義者に言われて
    公開するのではないという発言をされましたけれども、
    党内では蓮舫さんが説明を二転三転されたという、
    それで本当に二重国籍の疑惑がないのかということに対する
    疑問の声というのは、マスコミがこの問題を
    追いかけなくなってからもなお議員さんの方では
    聞かれておりまして、例えばそういう疑問を持つ声をですね、
    差別主義者、排外主義者と一括りにするような
    先程の発言があったかなと思うんですけれどもそれについて
    どうお考えなのかなぁと」 

    蓮舫「それは受け止めが完全に間違っています。
    差別主義者やレイシストの方達の声には私は屈しませんし、
    世の中一般的に(力を込めて)絶対にあってはいけません。
    それと、党内の声は別です」 

    記者の質問は会見の序盤で蓮舫代表が戸籍謄本の公開について
    「差別主義者・排外主義者の方達に言われてそれを
    公開するようなことが絶対にあってはいけない」と
    語っていたことを受けて、
    「民進党内でも疑問の声が聞かれているが一括りにした
    発言ではないのか」というものであり、
    蓮舫代表の発言が波紋を広げる可能性についての認識を質した形でした。 

    折しも自民党の安倍総裁が都議選前日に
    「こんな人達に負けない」と演説で発言、これに対する
    批判が広がっていただけに、戸籍謄本の公開を求める人々が
    一部であるとは言え蓮舫代表が「差別主義者」
    「排外主義者」などと表現した点やこれに民進党議員が
    含まれるのかという点からのコメントを求める
    質問だったとも受け止められますが、「何を聞いてるのか」
    「書きたいことの確認質問」などと断じた
    蓮舫代表の書き込みは注目を集めそうです。 

    また、加計学園問題に関して連日のように記者からの
    厳しい質問に晒されている菅官房長官がもし、
    蓮舫代表と同じようにSNSなどで発言したらどのような
    批判が巻き起こるだろうかと考えれば、
    野党第一党の党首としての蓮舫代表による今回の発言を
    メディアがどこまで取り上げるかはその姿勢を知る
    指標になると言えるのかもしれません。 

    いずれにせよ7月13日の会見では戸籍に関する
    質問を禁止しただけでなく、別件でも記者の発言を
    「会見にふさわしくない発言」だとして
    「議事録から抹消する」と指摘(関連記事参照)、
    言論の自由の観点から問題だとの声が上がっている民進党が、
    会見後にも蓮舫代表が記者の質問を公然と批判するという
    新たな話題を提供したことで、その体質が鮮明に
    浮かび上がっている印象は拭えません。

    【二重国籍】記者「党からそうした声(公開)をあげる人は排外主義なのか?」 民進党・蓮舫「書きたい事の確認しか出来ないのか」
    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1500073169
    【【二重国籍】記者「党からそうした声(公開)をあげる人は排外主義なのか?」 民進党・蓮舫「書きたい事の確認しか出来ないのか」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:江戸領内小仏蘭西藩 ★@\(^o^)/:2017/07/14(金) 08:17:39.78 ID:CAP_USER9.net
    gahag-0050944744-1


    東山紀之でもうお腹いっぱい?朝の顔がジャニーズだらけの不安要素(1/2ページ) 
    2017.07.14 08:00 | デイリーニュースオンライン 
    http://dailynewsonline.jp/intro/1333825/ 

    10月からスタートするニュース情報番組
    『サンデーLIVE(仮)』(テレビ朝日系)に、
    東山紀之(50)が抜擢されることが過日発表された。 

    同番組は、日曜の朝5時50分から2時間40分にわたる生放送となり、
    これに伴い、テレビ朝日における現在放送中の番組は終了と
    時間変更に分けられ大幅に変更される。
    この時間帯は『シューイチ』(日本テレビ系)や
    『サンデーモーニング』(TBS系)、
    『新報道2001』(フジテレビ系)など、
    報道・情報番組が熾烈な争いを繰り広げている。
    この中に参戦することで、視聴率戦線が
    どのような変化をもたらすかにも、今から注目が集まっているようだ。 

    現在朝の顔として、多くのジャニーズタレントが
    キー局でのキャスターを務めている。
    日本テレビにはTOKIOの山口達也(45)、
    TBSは国分太一(42)、NHKではV6の井ノ原快彦(41)が
    それぞれの番組でMCを担当。加えて、
    フジテレビではHey!Say!JUMPの伊野尾慧(27)が
    曜日レギュラーをつとめている状況だ。
    ここに東山が参入することで、キー局における
    朝の顔がジャニーズそろい踏みとなったと言える。
    このような情報番組の参入には、ジャニーズにとっても
    さまざまなメリットがあるようだ。 

    「情報番組は、番組そのものが定着すれば、
    そのタレントにとって長期的な受け皿の確保になります。
    ドラマやバラエティーのように、
    クールも関係ありませんからね。それだけでなく、
    ジャニタレが情報番組に参入することで、
    ジャニーズ関連のスキャンダルなどは敢えて
    扱わないなどの操作もできる可能性もある。
    沈黙を守ることができるので、火消し対応が
    しやすいという点もあげられます」(芸能記者) 

    昨今、ジャニーズタレント達の
    スキャンダルが急速に増えているだけに、
    事務所内だけでは賄えない状態が、
    このような対応策で表れてきたのかもしれない。

    以下ソース

    【テレビ】東山紀之でもうお腹いっぱい?朝の顔がジャニーズだらけの不安要素
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1499987859
    【東山紀之でもうお腹いっぱい?朝の顔がジャニーズだらけの不安要素】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:名無しさん@涙目です。(SB-iPhone)@\(^o^)/ [JP]:2017/07/13(木) 15:48:12.36 ID:sQGR5y4q0.net BE:384148533-PLT(15000)
    「私は多様性の象徴」民進党・蓮舫代表、二重国籍問題で18日に会見と発表 
    7/13(木) 15:40配信 

    THE PAGE 

    [画像]定例会見する民進党の蓮舫代表 

    民進党の蓮舫代表は13日の定例会見で、
    自らの「二重国籍」問題に関して、18日に記者会見すると発表した。 

    戸籍に関する公表は「個人のプライバシーに属するもの。
    差別主義者に言われて公開することは絶対あってはならない」と強調した。
    その上で、自らは野党第一党の 
    代表で公人であるとして「極めてレアケースだが」と前置きし、
    戸籍そのものではないが 
    「すでに台湾の籍を有していないことが分かる部分を
    お伝えする準備がある」と述べた。 

    今回の戸籍公表には党内外から賛否両論が出ている。
    この日の会見でも記者から、 
    多様性や共生社会の構築という民進党の
    党綱領に反するのではとの質問が出たが、 
    「私は多様性の象徴だと思っている。
    共生社会を目指す方針に一点の曇りはない」と 
    説明。ただ「二重国籍」問題をめぐる自らの説明が
    「二転三転した」ことから、説明すると述べた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170713-00000004-wordleaf-pol
    蓮舫「私は多様性の象徴である」 18日に二重国籍問題について会見へ
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1499928492
    【蓮舫「私は多様性の象徴である」 18日に二重国籍問題について会見へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:名無しさん@涙目です。(北海道)@\(^o^)/ [JP]:2017/07/13(木) 07:04:33.41 ID:SmoegIJ30.net BE:882533725-PLT(14141)
    (社説)民進党 勘違いしていませんか 

    2017年7月13日05時00分 

    民進党の議員たちに問う。 

    蓮舫氏が戸籍を公開すれば、党勢は上向く。
    そう本気で思っているのか。 

    旧民主党政権の挫折から4年半。民進党が民意を
    受け止められない大きな原因は、そうした
    的外れな議員たちの言動にこそあると思えてならない。 

    今回の都議選で民進党は、前回の15議席から5議席に
    獲得議席を大幅に減らした。国政での野党第1党の
    存在意義が問われる危機的な敗北である。 

    さらに安倍内閣の支持率が急落する中、民進党の支持率は
    本紙の世論調査では5%にとどまっている。 

    「共謀罪」法や加計、森友学園の問題などで、
    民進党が安倍政権を問いただす役割を担ってきたのは確かだ。 

    なのになぜ、野党第1党の民進党が、政権の受け皿として認知されないのか。 

    都議選では小池百合子知事率いる都民ファーストの会の躍進があった。
    しかしそれだけではない。政党にとって何よりも大事な政策の軸が、
    定まらないことが大きい。 

    象徴的なのは原発政策だ。 

    なし崩しの原発回帰を進める安倍政権に対し、
    民進党が脱原発依存の旗を高く掲げれば、鮮明な対立軸を示せるはずだ。 

    そのことが分かっていながら、電力会社労組などへの配慮を優先し、
    政策をあいまいにする。大きな民意を見失っていることが、
    党勢低迷の根本的な要因である。 

    「二重国籍」問題で、蓮舫氏の説明が二転三転したことは、
    公党のリーダーとして不適切だった。 

    だが、主な敗因とは思えない「二重国籍」問題に議員たちが
    こだわるようなら、国民はどう受け止めるだろう。 

    もう一つ懸念されるのは、蓮舫氏が戸籍謄本を
    公開することが社会に及ぼす影響だ。 

    本人の政治判断とはいえ、プライバシーである戸籍を迫られて
    公開すれば、例えば外国籍の親を持つ人々らにとって、
    あしき前例にならないか。

    民進党と蓮舫氏はいま一度、慎重に考えるべきだ。 
    http://www.asahi.com/articles/DA3S13033443.html?ref=editorial_backnumber


    【朝日新聞】「戸籍を迫られて公開すれば、外国籍の親を持つ人々らにとって、あしき前例にならないか」
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1499897073
    【【朝日新聞】「戸籍を迫られて公開すれば、外国籍の親を持つ人々らにとって、あしき前例にならないか」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:名無しさん@涙目です。(dion軍)@\(^o^)/ [CN]:2017/07/10(月) 09:04:46.04 ID:hQaT68YV0.net BE:448218991-PLT(13145)
    共謀罪は、犯罪の実行を計画した段階で罪に問うものだ。計画を客観的に立証するには、 
    電話やメール、LINE(ライン)を傍受するなど、日常生活に入り込まなくては立証が 
    難しい構造になっている。捜査側は、共謀罪を通信傍受の対象犯罪にすることや 
    衛星利用測位システム(GPS)捜査の立法化、令状の要らない盗聴(行政傍受)や 
    室内盗聴(会話傍受)といった新たな捜査手法が必要だ、という主張を強めるだろう。 

     心配なのが捜査機関の成績主義だ。仕組みをつくると結果を出さなければいけなくなる。 
    警察が選挙違反をでっちあげた鹿児島の志布志(しぶし)事件、大阪地検特捜部の 
    証拠改ざん事件など、予断や偏見、見込みで誤った捜査が行われてきた。 
    共謀罪の立証では、自白や密告が重要な鍵となるため、見込み通りの供述や証言を 
    得ようとする強引な捜査がこれまで以上に行われかねない。 

     捜査機関が密告に頼ることで、市民による市民監視につながらないか懸念される。 
    こうした捜査や監視が、市民団体や労働組合などに向けられる可能性は否定できない。 

     沖縄・辺野古(へのこ)の新基地反対運動では、座り込む市民と沖縄県警の間で 
    微妙なバランスが保たれていたが、二〇一五年十一月の警視庁機動隊の派遣後、 
    警察の排除行動が激しくなったという。その後、運動のリーダーが長期勾留された。 
    警察が国策に沿って恣意(しい)的に権力を使ったのではないか。共謀罪は、 
    そうした捜査をも早い段階から可能にするもので、市民の萎縮につながる。 
    物言う自由が危機にさらされる。

    http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2017071090070140.html
    「共謀罪施行やめて 市民団体や労働組合が対象になるかもしれないの」
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1499645086
    【「共謀罪施行やめて 市民団体や労働組合が対象になるかもしれないの」】の続きを読む

    このページのトップヘ