どんな方でも相互リンク・RSS大募集!
    詳しくはこちらをご確認ください。
    http://parusoku.com/archives/20118951.html

    痛いニュース

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: リバースパワースラム(dion軍)@\(^o^)/ [CN]:2017/01/08(日) 12:07:49.71 ID:vIiRg1v90.net BE:448218991-PLT(13145)
    民進党の蓮舫代表は、「自分たちは甘いところにいないという厳しい認識の上で、 
    国民の声に耳を傾ける政党だと地道に訴えて、信頼を戻していくしかない。野党間の 
    連携は、もう課題ではなく、前に進めるべき時に来ている。強行採決だけの安倍内閣の 
    政治ではなく、2大政党を作るという崇高な目標に向かって越えられない課題はない」 
    と述べました。

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170108/k10010832441000.html 



    蓮舫「民進党は国民の声に耳を傾ける政党です」
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1483844869
    【蓮舫「民進党は国民の声に耳を傾ける政党です」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:セイバー・ブライド ★@\(^o^)/:2017/01/07(土) 17:03:25.70 ID:CAP_USER9.net
    ●逮捕を覚悟? 三重“チェーンソー男”は退職届を出していた 

    「ユーチューバー、なめとったらあかんのぉ、コラァ!」
    ――チェーンソーでヤマト運輸の従業員を脅したとして、
    5日、三重県警に暴力行為法違反容疑で逮捕された
    同県伊賀市のトラック運転手、長谷川和輝容疑者(27)。 

    長谷川容疑者は、ヤマトの配達員が自分の不在時に
    代金引換の荷物を持ち帰ったことに逆ギレ。 
    12月3日未明、自宅近くのヤマトの営業所に押し掛け、
    チェーンソーの電源を入れ、従業員の男性に
    「おい、さっさと荷物を出せやぁ!」などと脅した疑いだ。 

    調べに対し、「やったことは申し訳ない」などと供述しているというが、
    長谷川容疑者は犯行の様子や、逮捕前にマスコミの
    取材を受けた動画まで、うれしがってユーチューブにアップしていた。 
    チェーンソーを持ち出したのは「過激な演出」と言っている
    自称ユーチューバーの長谷川容疑者だが、
    ユーチューブを始めたのは7年半前で、
    通算の動画視聴回数は約383万回(6日現在)。 
    月平均でたったの約4万2500回だ。 

    「ユーチューブの収入は、基本的に視聴回数の10分の1程度。 
    長谷川容疑者の場合、せいぜい月収5000円でしょう」(IT業界関係者)

    WS000338


    以下ソース

    日刊ゲンダイ 2017年1月7日 10時26分 
    http://news.livedoor.com/article/detail/12508231/  





    【ネット】チェーンソーでヤマト運輸の従業員を脅した男 YouTubeとしての月収は5000円だった
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1483776205
    【【悲報】チェーンソーでヤマト運輸の従業員を脅した自称ユーチューバーの月収wwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:影のたけし軍団ρ ★@\(^o^)/:2017/01/07(土) 12:43:18.10 ID:CAP_USER9.net
    2016年12月31日に放送された歌番組「第67回NHK紅白歌合戦」後半の
    平均視聴率が、40.2%だったことがわかった。 
    今回番組では、AKB48の「夢の紅白選抜」16人を
    視聴者投票で決めるなど、これまでにない企画を行ったのだが、
    そこであるハプニングが起きたという。 

    「今回の紅白では、メインで歌うことのできる
    AKBメンバー上位16名を生放送中に発表しました。 
    しかし最後のトップ2が発表される瞬間、HKT48の
    兒玉遥が前列に飛び出してきたのですが、 
    選ばれたのは第1位のNMB48・山本彩と第2位のHKT48・指原莉乃で、
    兒玉の名前は最後まで呼ばれず企画は終了しました」(テレビ誌記者) 

    選抜発表時、2位の指原の名前が呼ばれると、
    兒玉は自分が1位だと確信したのか、喜びの表情を見せた。 
    しかし、結果は山本がトップとなったため、兒玉は
    「私は? 私は?」と自分に指を差しながら
    パニック状態で1人取り残されることに。 

    さらにその後、他の紅白出演者と合同で歌う企画では、
    ショックのあまり兒玉が号泣している様子が画面に映し出されたのである。 

    以下ソース


    【芸能】 「私は? 私は?」 AKB48紅白選抜で起きた兒玉遥の号泣ハプニング
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1483760598
    【【悲報】AKB48紅白選抜で放送事故www兒玉遥がとんでもない勘違いをして号泣www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 逆落とし(茸)@\(^o^)/ [ZA]:2017/01/07(土) 10:05:06.91 ID:utBmzo5P0.net BE:882533725-PLT(14141)
    http://www.asahi.com/paper/editorial.html 

    政府が、駐韓大使と在釜山総領事を一時帰国させると決めた。 
    釜山の総領事館前に慰安婦問題を象徴する少女像が設置されたことへの 
    対抗措置という。 

    そのほかにも、緊急時にドルなどを融通しあう日韓通貨スワップの協議の 
    中断や、ハイレベル経済協議の延期、釜山総領事館職員の地元行事への 
    参加見合わせも発表した。 

    少女像問題の改善へ向けて、韓国政府は速やかに有効な対応策に着手 
    すべきである。日本政府が善処を求める意思表示をするのも当然だ。 

    しかし、ここまで性急で広範な対抗措置に走るのは冷静さを欠いている。 
    過剰な反発はむしろ関係悪化の悪循環を招くだろう。日本政府はもっと適切な 
    外交措置を熟考すべきである。 

    以下ソース 

    朝日新聞「韓国との外交、性急な対応より塾考を。冷静さを欠いている。対韓外交で説得力失う。」
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1483751106
    【朝日新聞「韓国との外交、性急な対応より塾考を。冷静さを欠いている。対韓外交で説得力失う。」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: デンジャラスバックドロップ(神奈川県)@\(^o^)/ [GB]:2017/01/06(金) 16:43:49.62 ID:48onN2NZ0.net BE:695656978-PLT(12000)
    https://this.kiji.is/189991912914632706?c=39546741839462401 

    シリア難民にお年玉を 

    1千万円目標に募金活動 


    国際非政府組織(NGO)「難民を助ける会」は10日から31日まで、
    トルコに脱出したシリア難民の子どもたちを対象に、
    1千万円を目標に「シリアの子どもにお年玉を」と
    呼び掛ける募金活動を実施する。 

    難民を助ける会は12年からトルコのシャンルウルファに
    事務所を置き、シリア難民を支援している。
    募金は学校の運営や教材の提供などに充てる。 
    柳瀬房子会長は「大人だけでなく、子どもたちにも
    『お年玉のお裾分け』をしてもらい、
    難民の子どもたちに心を寄せてほしい」と話している。

    寄付の詳細は難民を助ける会のホームページで。
    問い合わせは難民を助ける会、電話03(5423)4511。 




    NGO「日本のみなさんシリア難民にもお年玉をください」
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1483688629
    【NGO「日本のみなさんシリア難民にもお年玉をください」】の続きを読む

    このページのトップヘ