どんな方でも相互リンク・RSS大募集!
    詳しくはこちらをご確認ください。
    http://parusoku.com/archives/20118951.html

    ネタ・VIP系

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:名無し募集中。。。:2017/11/22(水) 17:35:47.72 ID:0.net
    長谷川 豊
    @y___hasegawa
    長谷川を叩いてれば楽しい、イジメていても誰にも文句言われない。大手事務所に所属しているわけでもないし、訴えられもしないだろー

    勝手にやってりゃあいいが、そんな連中がネットに匿名で書き込んでいることを気にして、それを「問題だぁ」と騒ぐ。そしてどんどん言論を封殺。それ、正しいのか?
    2017年11月22日

    https://mobile.twitter.com/y___hasegawa/status/932987764043370496
    長谷川豊さん「俺の事を匿名提示版で批判してるカス共!あんたらのしてる事正しいのか?」
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/morningcoffee/1511339747
    【長谷川豊さん「俺の事を匿名提示版で批判してるカス共!あんたらのしてる事正しいのか?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:風吹けば名無し:2017/11/22(水) 16:49:46.80 ID:YcGP2Hxa0.net
    女性議員が議会に子連れ出席求め 開会遅れる 熊本市議会 
    11月22日 14時49分 
    22日開会した熊本市の定例市議会で、
    女性議員が生後7か月の長男と一緒に出席しようとし、
    対応を話し合うため開会が40分遅れました。 
    議員は「子どもと一緒に議会に参加して発言できる仕組みを
    整えるよう主張したかった」と話しています。 
    熊本市の定例市議会は22日開会し、午前中、
    本会議が行われました。しかし開会前、緒方夕佳議員(42)が、 
    生後7か月の長男と一緒に出席しようとして
    ほかの議員から退席を求める声が上がったため、
    議長や議会運営委員会の委員などを交えた話し合いが行われました。 

    熊本市議会の規則では、本会議中はいかなる理由があっても
    議員以外は議場に入ることができないとされていて、
    緒方議員は結局、長男を友人に預けて出席し、
    市議会は40分遅れで開会しました。 

    緒方議員は、おととしには議員の宿泊を伴う視察への
    子どもの同伴を認めるよう議会や議会事務局に求め、
    市議会は条件つきでこれを認めています。 
    緒方議員は、本会議のあと記者団に対し
    「子育て世代の代表として、子どもと一緒に議会に
    参加して発言できる仕組みを整えるよう主張したかった。 
    子育て中の女性が活躍できるような市議会になってほしい」と述べました。 
    全国市議会議長会は「議員が子どもを連れて
    議会に出席しようとしたケースはこれまで聞いたことがない」としています。

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171122/k10011232091000.html
    【悲報】まん市議、議員以外入場できない議会に子供(生後7ヶ月)を連れ込み議会を混乱に陥れる
    引用元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1511336986
    【【悲報】女性市議、議員以外入場できない議会に子供(生後7ヶ月)を連れ込み議会を混乱に陥れる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:風吹けば名無し:2017/11/22(水) 18:32:33.56 ID:u1brr1x4x.net
    元小結旭鷲山、暴行一報には「相撲取りの中ではしょっちゅう」 真相究明へ 

    11/22(水) 16:02配信 
    デイリースポーツ 

    モンゴル出身力士の草分けで元小結旭鷲山の
    ダバー・バトバヤル氏が22日、フジテレビ 
    「直撃LIVE グッディ!」(月~金曜、後1時45分)に生出演し、
    横綱日馬富士(伊勢ケ浜)の平幕貴ノ岩(貴乃花)への暴行問題について、
    一報を受けた直後には、「相撲取りの中ではしょっちゅうあること」と
    感じたことを明かした。今月になって、暴行問題として
    騒動に発展したことであらためて今回来日し、真相究明に乗り出したという。 

    バトバヤル氏は、今回の暴行問題を知ったのは、
    事件が起きた10月25日の翌日で、宴席に同席していた
    人間の一人から、「いや~アニキ、すごかったですよ、横綱たちが怒って 
    えらいことになってました」と暴行現場の様子を報告されたと明かし、
    その時は「いつものことだからしょうがないな。
    相撲取りの中ではしょっちゅうあること。
    かえって何を(報告で)言ってんだと思った」と感じ、
    その後は「忘れちゃった話」になったと語った。 

    バトバヤル氏はまた、自身が現役時代には
    「僕らもボコボコにされたし、僕もたたいたが、 
    頭の骨を折ったとか病院に行ったとかはなかった」とも話した。
    騒動の中で貴ノ岩には骨折の 
    疑いも出たが、同氏は、「けがが何針とかだと相当の力がかかったはず。
    毎日稽古して頭で勝負しているので、スコップで殴っても
    折れないくらい。僕らの時代には実際にスコップで殴っていたし、
    それが当たり前だった」と思い起こした。 

    貴ノ岩のけがが骨折にいたっていない場合でも、
    今回の問題が刑事事件となった場合は、日馬富士の進退にも
    かかわってくることで、バトバヤル氏は、
    「そういう意味では日馬富士はかわいそうだなと思う」と吐露。
    続けて、「だからこそ貴ノ岩に直接(事情を)聴きたい」とも加えた。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171122-00000062-dal-spo
    【悲報】旭鷲山さん、「相撲界で暴力なんて当たり前。ワイらはスコップで殴ってた」
    引用元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1511343153
    【【悲報】旭鷲山さん、「相撲界で暴力なんて当たり前。ワイらはスコップで殴ってた」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:風吹けば名無し:2017/11/22(水) 17:17:08.77 ID:2bpS7ceg0.net
    https://twitter.com/hatsu823/status/932997035678056449

    @hatsu823
    サイゼで飲んでたらYoutuberがいて、広いソファ席を陣取って動画の撮影してた。

    寝たり騒いだりしていて、まぁ迷惑で。店員さんも困惑。

    先に帰っていった彼らのテーブルを見たら、この有り様。ほとんど食べてない、この残骸。
    消えてほしいです、切実に。
    #チョコレートスニッカーズ #Youtuber




    【悲報】Youtuberさん、サイゼリヤで迷惑行為
    引用元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1511338628
    【【悲報】Youtuberさん、サイゼリヤで迷惑行為】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1:風吹けば名無し:2017/11/22(水) 15:37:34.91 ID:K9mnuEPt0.net
    旦那に4歳の娘を公共トイレに連れていくよう頼んだところ、
    一緒に女子トイレに入っていってしまったそうです。 
    主婦の意見としては、あくまで親の性別に合わせるべきと
    考えているようで「女性は嫌がるの。だって奥さんが
    息子をトイレに連れていく時、男子トイレに入ると思う?
    おかしいでしょ!」とコメント。 
    これに関して旦那と口論になったようで、
    「私が悪いの?」と問いかけています。


    http://yurukuyaru.com/archives/73723950.html

    引用元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1511332654
    【【悲報】女さん、1人でトイレに行けない4歳の娘に連れ添って女子トイレに入った男性を大バッシング】の続きを読む

    このページのトップヘ